LOG IN

はじまり

by Hiroaki Imai

令和元年五月一日

元号が変わる瞬間は寝ていたけど

変わる前はやはり特別なものを感じていた

昭和生まれだけど、平成になった時は4歳

正直何も覚えていない

元号を持ち、大切にしている日本人

前の記事に書いた通り、よいものだと思う

昭和生まれでも物心ついて過ごしたのは

ほとんど平成の時代

中学受験、高校生活、大学受験、大学生活

そして就職

大きな転機は全て平成だった

思い立って、白馬、宇都宮、東京と

平成時代を駆け抜けた場所、人に会いに行った

そして今日、知人の個展で目にした言葉

「時代が変わる時、生きていく上で

どんなことをこれから大切にするべきか」

これは自分も最近よく考えること

社会人になり丸10年

既に基本は学び、自分の色を出しながら

やるべきこと、やりたいこと

そして人に喜ばれること

全て同時に実現できる世界を探し試行錯誤

たまに、すぐ隣にある存在だと気付いては

近くて遠いことを知る

簡単には手に入らないものだとまた気付く

でも、希望になっているのは、

同じ世界を目指し

挑戦を繰り返している人に出会えたこと

これはすごく大きい

令和の新時代

これからは、昭和、平成で得たものを活かし

どう行動していくかが大切だ

個人的にも、おそらく日本にも言えること

世界を動かしていく、と言ったら大袈裟だけど

これから自分たちの世代が

より良い世界をつくっていかねば

出来る事は地道な活動

でも続けていれば必ずよい結果が出るはず

緑と猫と

写真で表現し、綴っていくことは

これからの人生でたいせつにしたい

令月とは、万事を成すのによい月

という意味らしい

今日からの新しい時代

成すべきことを考え、行動していこう

OTHER SNAPS